JRubyでもtecsgenのテストケースが通るのを確認しました

raccのparser.rbへのとりあえずのパッチ作成に載せた試作パッチを、Linux(Fedora 7)とcgywin(1.5.25)上でJRubyで実行し、tecsgenの配布物に含まれるテストケースが通ることを確認しました。

Javaは、JDK 1.6 update14、JRubyは1.3.1を使用しました。

ただし、それぞれの箇所でいささか工夫が必要でした。

*Linux
tecsgenがCのヘッダファイルを読み込む(typedefで定義された型名や構造体タグ名を認識するため)時に、C処理系の独自の予約語が存在すると、tecsgenはそれを認識で来ません。
これによるパース失敗を避けるため、独自の予約語を読み込み前に削除しています。
具体的にはtecsgenの内部でCプリプロセッサ(あるいはC処理系のCプリプロセス処理機能)を呼び出し、空文字列に置換してから、ヘッダファイルを読み込みます。
具体的にはtecsgenのコマンドラインオプション-Dで空文字列に置き換える文字を指定します。
ただし、この指定が”-D__extension__”とされていたため、Linuxのgcc(4.1.3)では”1″に置き換えられて、コンパイルエラーになりました。
#cygwinではこの指定でも問題が起きませんでした。
#現在公開されているtecsgenは、主にcygwinで動作確認されています。

Linuxでは”-D__extension__=”とする必要がありました。

*cygwin
cygwinでJRubyを実行する場合、環境変数RUBYLIBへのパス名の設定方法に工夫が必要でした。
この工夫は、Rubyの場合は必要ありませんでした。

cygwinでフルパスで指定する場合、/cygdrive/c/のように
ドライブ名を/cygdrive/ドライブ名という指定をすることが
可能です。
しかし、この形式で指定した場合、rubyのスクリプトで
クラスFileのexpand_pathメソッドでフルパスに変換した
場合、
C:/cygdrive/c
と、先頭にドライブ名をつけたにも関わらず、/cygdrive/c
もつけたままであるため、存在しないパスになってしまいました。
これは、cygwinの標準のrubyとか、cygwin中から呼び出した
mswin32版rubyでは、経験しなかったことです。
どこが原因かまでは調べていませんが、cygwin上で、JRubyを
使ってtecsgen.rbを実行して、”ファイルが見つからない”
というようなエラーが発生した場合は、環境変数RUBYLIBの値を
確認してください。
もし、”/cygdrive/c”のような形式であれば、この部分をとり
さったパス名を指定してください。
以下をコマンドラインで実行してもよいと思います。

export RUBYLIB=`echo $PWD | sed ‘s/^\/cygdrive\/.//’`

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です